2010年06月15日

長妻氏 子ども手当「満額支給非常に難しい」(産経新聞)

 長妻昭厚生労働相は8日夜の記者会見で、参院選マニフェストで焦点となっている平成23年度以降の子ども手当満額支給(月額2万6千円)について「財政面の問題が大きく、現金での満額支給は非常に難しいと考えている」と述べた。

 民主党は先月、参院選マニフェスト論議の中で、23年度以降の子ども手当の現金での満額支給を断念し、現行の1万3000円からの上乗せ分を現金給付にするか、保育サービスなどで現物給付にするかどうかを自治体の判断に委ねる方針を固めている。

【関連記事】
240世帯分の子ども手当支給漏れ 岡山・玉野市
「新内閣は国家ビジョンを」 関西経済同友会の山中諄代表幹事
仕分け3奉行に期待感 世論調査
給付型奨学金導入の是非は 国民負担も増えて…
日本浮沈 握る菅流采配 新首相指名 消費増税が焦点
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

人事制度のないあの会社は、今どうなっているか(Business Media 誠)
冴えた岡田采配 守備陣集中 最高の試合 勝利への強い気持ちあった(産経新聞)
<人事>検事総長に大林氏(毎日新聞)
<雑記帳>アルパカ、初の毛刈り…中越地震の復興につながれ(毎日新聞)
総連、朝鮮学校無償化へ攻勢 「日本人になりすませ」 文科省への電話指示、ノルマも(産経新聞)
posted by カジタ タダハル at 22:11| Comment(18) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。